人も地球も健康に ヤクルト山口県東部ヤクルト販売株式会社

HOME > お知らせ

お知らせお知らせ

2020年05月01日 | お知らせお知らせ

5月の健康情報「食物繊維」

こんにちは!ヤクルト☆情報局♪です(^-^)/
今月のテーマは「食物繊維について」です。

新型コロナウイルスが猛威をふるい、先の見えない自粛生活にお疲れのことと思います。

さらに、生活リズムが崩れ、食生活も乱れがちになると、免疫力は一気に下がってしまいます。
免疫とは、外敵(細菌やウイルス)から体を守るバリアのこと。
特に今は、未知のウイルスと戦うために免疫力を高めることが大切です。

そんな時に摂って頂きたいのが、食物繊維です!



食物繊維は、腸内細菌の善玉菌のエサとなり、悪玉菌を減らし、善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれます。
腸には、体の免疫細胞の6割が集中しているので、腸内環境が整うと免疫力がアップするんですo(^o^)o♪



厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2020年版)」では、1日の摂取目標量は、18~69歳で男性21g以上、女性18g以上となっています。

ですが、近年の食生活の欧米化の影響で、穀類・いも類・豆類の摂取量が減り、最近では平均摂取量が、一日あたり15g前後にまで減っています。
現在、多くの日本人が不足気味ですので、1日あたりプラス3~4gを目標(ひじき煮物 小鉢一杯分程度)に、積極的に摂取することが重要です。


食物繊維は、消化されない食物成分の総称で、「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」に分類されます。

「不溶性食物繊維」
水分を吸収して膨らむため、便のかさが増え、腸の蠕動運動を活発にします。
主に、根菜類(ごぼう・さつまいも)、きのこ、豆類、穀類(玄米・麦)に多く含まれます。

「水溶性食物繊維」
水に溶けるとゲル状になり、便が柔らかくなります。腸内細菌のエサとなり、腸内環境を整えます。糖質・脂質の吸収を穏やかにしたり、血圧の上昇を抑えたりする働きもあります。
主に、野菜、海藻、きのこ、こんにゃく、芋類、果物(バナナ・キウイ・りんご・柑橘類の皮)に多く含まれます。


とはいえ、外出自粛のために、買い物に行く回数を減らしたという方もいらっしゃると思います。

そんなときには、日持ちのする乾物(干ひじき・海苔・カットワカメ・昆布)やシリアルを常備食として買っておくのはどうでしょう?
切り干し大根やごぼう、こんにゃく、ドライフルーツ等もいいですね(^o^)♪

きのこは買ってきたら小房に分けて、ジッパーに入れ、冷凍保存すれば使いたいときに手軽に使えますよ!

これらのものを常備して、上手に食物繊維を日々の食事に取り入れてみて下さい!

例えば、
・食パンをライ麦パンに変えてみる。
・インスタントラーメンに、もやしやワカメ、えのきたけをプラスする。
・納豆にきざみ海苔やオクラをいれてみる。
・ヨーグルトにシリアルやバナナを入れる。

いかがでしょう?これなら出来そうでしょう?


「大変」と書いて「大きく変わる」
こんな状況だからこそ、働き方も、学び方も、人との関わり方も、大きく変われるチャンスです!
手洗い・うがい・マスク・消毒・3密を避ける、「Stay Home」を一人一人が徹底すること!
日常を取り戻すために、前向きに取り組みましょう!!

以上、コロナに負けるな!ヤクルト情報局でした(^o^)/



働くママを応援します働くママを応援します ヤクルト届けてネット
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

山口県東部ヤクルトinstagram