人も地球も健康に ヤクルト山口県東部ヤクルト販売株式会社

HOME > お知らせ

お知らせお知らせ

2020年08月01日 | お知らせお知らせ

8月の健康情報「甘味料」

こんにちは!ヤクルト健康情報局です♪

いよいよ夏本番!!暑い日が続いています(;´A`)
この時期は熱中症対策として、こまめな水分補給が大事ですが、皆さんはどんなものを普段飲まれていますか?
麦茶?ミネラルウォーター?もしかしたら、炭酸飲料やスポーツドリンクをよく飲む方もいらっしゃるかもしれませんね。



最近はカロリーオフやカロリーゼロといった飲み物も数多く見かけるようになりました。
こういうカロリーゼロの飲料に使われているのが「甘味料」です。
今月はこの「甘味料」についてお届けします!!

皆様は甘味料についてどんなイメージをお持ちでしょうか?
「体に悪い」という、イメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

市場に出回っている甘味料に関しては、人での安全性のデータがしっかりと存在しています。
厚生労働省において厳しい実験を実施し、摂取許容量を決めるなど、かなり厳格な安全基準を設定して、そのすべてをクリアした人工甘味料だけが食品添加物として認可されています。



甘味料は、大きく2つに分けられます。
①「天然甘味料」
砂糖や蜂蜜をはじめ、天然素材を加工したパラチノースやキシリトール、ステビアのような天然由来の甘味料です。

例えば、ステビアはキク科の植物の抽出物。砂糖の200~300倍の強い甘味を持ち、極めて少ない量で甘味を加えられます。砂糖の代わりにステビアを使うことで、甘味を損なうことなく、エネルギー摂取量を押さえることが出来ることから、体重増加を押さえたい人、糖質を控えたい人、虫歯のリスクを減らしたい人などに適しています。

パラチノースは、蜂蜜やさとうきびの中にも含まれている糖です。小腸での吸収速度は砂糖の5分の1。そのため、食べてから穏やかにエネルギー源となるので、血糖値が上がりにくいです。
また、虫歯の原因となる「非水溶性グルカン」を作らないので、歯の健康に有用な甘味料といえます。甘味度は砂糖の約半分です。


②「人工甘味料」
アスパルテームやスクラロースのような自然に存在しない成分を、科学的に合成して作られた甘味料です。

例えば、スクラロースは、砂糖の600倍もの甘さです。
スクラロースは、糖質と認識しないため、小腸で吸収されず、人体に入ったときの形そのままで便・尿中に排出されます。
インスリンが分泌されず、血糖値も上がらないため、血糖値対策としても効果があります。

少量で甘味がつく→その分カロリーが少なく済む→ダイエットにはありがたい!!となるわけですね(^-^)v

ですが、カロリーゼロという表記にはちょっと注意が必要です☆
「カロリーゼロ」とか「ノン」とか「レス」といった表現は、必ずしも完全にゼロではないからです。



これは100mlあたり、5kcal以下であれば表記が許されています。つまり、500mlのペットボトルにつき、最大25kcalのカロリーが含まれているという可能性があります。

人工甘味料は、通常の食生活で健康被害が起きるほど摂りすぎることは考えにくいですが、「いくらでも食べていい」というものではありません。大量に摂取すると下痢を起こす可能性もありますから、ゼロカロリーだからといって際限なく摂取するのはやめましょう。

※人工甘味料の許容摂取量は、ステビアで4mg /kg/日 (体重50kg で200mg)、スクラロースで5mg /kg/日 (体重50kg で250mg)です。

ダイエット中や、疲れた時にどうしても甘いものが食べたくなることはあります。
そんなとき、低カロリーの甘味料はあなたの助けになりますが、何事も摂りすぎは禁物です!
甘味料の特徴を知った上で、許容摂取量を守って、毎日の食生活を楽しんで下さいね♪
以上、ヤクルト健康情報局でした!

働くママを応援します働くママを応援します ヤクルト届けてネット

2020年07月04日 | お知らせお知らせ

7月の健康情報『熱中症』

こんにちは♪ヤクルト健康情報局です(^-^)

7月に入りましたが、既に、暑く蒸し蒸しとした日が多くなりましたね。
先月末には、日本気象協会から2020年の気温傾向と熱中症傾向が発表され、7月の気温は、広い範囲で平年より高い見込みとのことです。

これから迎える本格的な夏への対策として、今月は熱中症についてご紹介します。

熱中症とは、体温が上がり、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温の調節機能が働かなくなったりして、体温の上昇やめまい、けいれん、頭痛などのさまざまな症状を起こす病気です。
屋外だけでなく室内で何もしていないときでも発症し、救急搬送されたり、場合によっては死亡することもあります。



しかし、熱中症は正しい予防方法を知り、普段から気をつけることで防ぐことができます。
適度な水分と塩分の補給をおこない、こまめに休憩をとりましょう。また、気温が上がり始める初夏から、日常的に適度な運動をおこない、適切な食事、十分な睡眠をとることも大切です。



熱中症予防に効果的な栄養素とレシピをご紹介します。

①ビタミンB1
疲労回復のビタミンとも言われ、糖質をエネルギーに変えたり、疲れの原因になる物質をつくりにくくします。
【ビタミンB1を多く含む食品】
豚肉、うなぎ、玄米

②ビタミンB2
糖質・タンパク質・脂質をエネルギーに変換するために必要なビタミンです。
【ビタミンB2を多く含む食品】
レバー、うなぎ、納豆、牛乳、卵

③ビタミンC
疲労回復に役立つ栄養素です。また、抗酸化作用もあるため、紫外線による活性酸素の発生を抑制します。
【ビタミンCを多く含む食品】
ブロッコリー、ゴーヤ、赤・黄パプリカ、レモン、グレープフルーツ、キウイ、苺、アセロラ

④クエン酸
疲労物質と呼ばれる乳酸を分解する働きがあります。また、カルシウムやマグネシウムなどの吸収しにくいミネラルと結びついて吸収しやすくする働き(=キレート作用)もあります。
【クエン酸を多く含む食品】
柑橘類、レモン、梅干し、お酢

⑤夏野菜
水分やカリウムを豊富に含むものが多く、身体にこもった熱を身体の中からクールダウンしてくれます。
【夏野菜】
キュウリ、トマト、ピーマン、赤・黄パプリカ、ナス、ゴーヤ、かぼちゃ、とうもろこし

熱中症予防におすすめレシピ!
◯キムチチゲうどん
腸内環境を整える発酵食品のキムチと、ビタミンB1の豊富な豚肉、ビタミンB2を含む卵を加えて、冷たい物を食べがちな夏にこそ、熱いキムチチゲを食べて元気づけましょう。風味付けに、アリシンを含むニンニクを加えると、ビタミンB1の吸収率がアップ!



◯ねばねば丼
料理中にも熱中症予防!ということで、火を使わず簡単にできるレシピです。
免疫力アップに働くネバネバ成分のムチンを含む納豆とオクラ、タンパク質の代謝を促進するビタミンB6を含むマグロ(タンパク質)を加え、ご飯はビタミンB1を含む玄米ご飯にすると、さらに効果的!



最後に、おすすめレシピにも登場しましたが、腸内環境を整えて、免疫力を高めておくことも大切です。
免疫力の低下は体力の低下に繋がり、熱中症にもなりやすくなってしまいます。
腸内環境を整える「乳酸菌」や「ビフィズス菌」を毎日摂って、暑い夏を元気に乗り切りましょう!

以上、ヤクルト☆健康情報局でした♪

働くママを応援します働くママを応援します ヤクルト届けてネット

2020年06月07日 | お知らせお知らせ

6月の健康情報「ガラクトオリゴ糖」

みなさんこんにちは!「ヤクルト健康情報局♪」です。
そろそろ梅雨入りですね。この時期は湿気が溜まりやすく、カビも発生しやすいです。
食中毒には十分気を付けてお過ごし下さい。もちろん、コロナ対策もしっかりと!

さて、今月のテーマは「ガラクトオリゴ糖」についてです。
オリゴ糖は、一度は耳にされた方も多いのではないでしょうか?
ガラクトオリゴ糖はオリゴ糖の一種で、おなかの調子を整え便通を改善する効果が期待されます。
ガラクトオリゴ糖はこんなにもすごい!是非、その特性を知って頂ければと思います。

まず、オリゴ糖はブドウ糖や果糖などの単糖が2~10個ほど繋がったものです。
ガラクトオリゴ糖以外にも、フラクトオリゴ糖、キシロオリゴ糖、大豆オリゴ糖などいくつかの種類がありその多くは野菜や果物に含まれています。
(ヤーコンやごぼう、バナナ、大豆など)
オリゴ糖は糖質なのに、「消化吸収されにくくカロリーになりにくい」という性質を持っています。
また、虫歯にもなりにくいともいわれているんですよ。

ガラクトオリゴ糖は大変身近な、とあるものに含まれています。
何だと思われますか?ヒントは赤ちゃんがよく口にするもの・・そう、母乳です!
なので安全、安心な糖質とも言われています。
赤ちゃんを感染症から守るためにお腹の中のビフィズス菌を増やす働きがあるんですね。
どういう事かと言いますと、ガラクトオリゴ糖は人の消化酵素で分解されないので、小腸で消化されずに大腸まで届きます。大腸にすむ有用菌に利用され、増やすことができます。
そして腸内フローラのバランスが整い、便通の改善が期待できるのですね。



ガラクトオリゴ糖の摂取効果を高めるコツ・・・
それは、乳酸菌やビフィズス菌と一緒にとること。
お互いの役割を助けることで、より腸内環境を整える効果が期待できます。

オリゴ糖はあまり多く摂りすぎると、一時的にお腹がゆるくなることもあるので注意して下さいね。オリゴ糖の1日の摂取目標量は2~10gとされています。個人差もありますので、様子を見ながら続けやすいタイミングで摂ってみて下さい。

最後に今までの話をまとめますと、ガラクトオリゴ糖は
・カロリーとして消化吸収されにくい
・大腸まで届いてビフィズス菌を増やす
・母乳にも含まれているので安全・安心

いかがだったでしょうか?ガラクトオリゴ糖の特性を知っていただけましたか?
ヤクルト製品にも、乳酸菌やビフィズス菌とガラクトオリゴ糖を組み合わせた製品が多くあります。腸内環境改善に是非、ガラクトオリゴ糖を取り入れてみて下さいね。

オリゴ糖って素晴らしい!ありがとう!オリゴ糖! 
  
以上、ヤクルト健康情報局でした。

働くママを応援します働くママを応援します ヤクルト届けてネット

2020年05月01日 | お知らせお知らせ

5月の健康情報「食物繊維」

こんにちは!ヤクルト☆情報局♪です(^-^)/
今月のテーマは「食物繊維について」です。

新型コロナウイルスが猛威をふるい、先の見えない自粛生活にお疲れのことと思います。

さらに、生活リズムが崩れ、食生活も乱れがちになると、免疫力は一気に下がってしまいます。
免疫とは、外敵(細菌やウイルス)から体を守るバリアのこと。
特に今は、未知のウイルスと戦うために免疫力を高めることが大切です。

そんな時に摂って頂きたいのが、食物繊維です!



食物繊維は、腸内細菌の善玉菌のエサとなり、悪玉菌を減らし、善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれます。
腸には、体の免疫細胞の6割が集中しているので、腸内環境が整うと免疫力がアップするんですo(^o^)o♪



厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2020年版)」では、1日の摂取目標量は、18~69歳で男性21g以上、女性18g以上となっています。

ですが、近年の食生活の欧米化の影響で、穀類・いも類・豆類の摂取量が減り、最近では平均摂取量が、一日あたり15g前後にまで減っています。
現在、多くの日本人が不足気味ですので、1日あたりプラス3~4gを目標(ひじき煮物 小鉢一杯分程度)に、積極的に摂取することが重要です。


食物繊維は、消化されない食物成分の総称で、「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」に分類されます。

「不溶性食物繊維」
水分を吸収して膨らむため、便のかさが増え、腸の蠕動運動を活発にします。
主に、根菜類(ごぼう・さつまいも)、きのこ、豆類、穀類(玄米・麦)に多く含まれます。

「水溶性食物繊維」
水に溶けるとゲル状になり、便が柔らかくなります。腸内細菌のエサとなり、腸内環境を整えます。糖質・脂質の吸収を穏やかにしたり、血圧の上昇を抑えたりする働きもあります。
主に、野菜、海藻、きのこ、こんにゃく、芋類、果物(バナナ・キウイ・りんご・柑橘類の皮)に多く含まれます。


とはいえ、外出自粛のために、買い物に行く回数を減らしたという方もいらっしゃると思います。

そんなときには、日持ちのする乾物(干ひじき・海苔・カットワカメ・昆布)やシリアルを常備食として買っておくのはどうでしょう?
切り干し大根やごぼう、こんにゃく、ドライフルーツ等もいいですね(^o^)♪

きのこは買ってきたら小房に分けて、ジッパーに入れ、冷凍保存すれば使いたいときに手軽に使えますよ!

これらのものを常備して、上手に食物繊維を日々の食事に取り入れてみて下さい!

例えば、
・食パンをライ麦パンに変えてみる。
・インスタントラーメンに、もやしやワカメ、えのきたけをプラスする。
・納豆にきざみ海苔やオクラをいれてみる。
・ヨーグルトにシリアルやバナナを入れる。

いかがでしょう?これなら出来そうでしょう?


「大変」と書いて「大きく変わる」
こんな状況だからこそ、働き方も、学び方も、人との関わり方も、大きく変われるチャンスです!
手洗い・うがい・マスク・消毒・3密を避ける、「Stay Home」を一人一人が徹底すること!
日常を取り戻すために、前向きに取り組みましょう!!

以上、コロナに負けるな!ヤクルト情報局でした(^o^)/



働くママを応援します働くママを応援します ヤクルト届けてネット
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

山口県東部ヤクルトinstagram