人も地球も健康に ヤクルト山口県東部ヤクルト販売株式会社

HOME > ヤクルト☆健康情報局

ヤクルト☆健康情報局ヤクルト☆健康情報局

2020年03月01日 | 健康情報ヤクルト☆健康情報局♪お知らせ

3月の健康情報「タンパク質」

こんにちは♪ヤクルト健康情報局です(^-^)

今年は暖冬の影響で、花粉の飛散開始が平年より早まったようで、花粉症の方には辛い季節かもしれません。花粉症は、免疫力が下がると酷くなったり、罹患しやすくなったりします。免疫力を上げるには、乳酸菌を摂ることも大事ですが、実はタンパク質も免疫に大きく影響します。
今日はそんなタンパク質についてご紹介したいと思います。

タンパク質は「プロテイン」とも言われますが、「プロテイン」という名前は、栄養学の進んでいたドイツで19世紀末に「(栄養学の中で)もっとも大切なもの」を意味するギリシャ語から名付けられました。



私たちの体の中で、水分の次に多いのがタンパク質です。筋肉、骨、内臓、脳、血液、皮膚、髪の毛などの材料になったり、いろいろな組織をつくったり、修復したりするのに必要です。名前の由来の通り、私達の健康な体づくりに欠かせないものです。

タンパク質は、20種類のアミノ酸が数十〜数千個がつながって作られています。
食事をすると、食べ物に含まれているタンパク質は体内の消化器官でより小さいアミノ酸に分けられ、体液中に取り込まれます。そして、また遺伝子の情報によって様々なタンパク質に作りかえられます。



食事摂取基準によると、総エネルギー摂取量に占める割合は、タンパク質13~20%が望ましいとされています。
一般の人では、体重1kgあたり0.8g〜1.1g、アスリートや運動習慣のある人では体重1㎏あたり1.2~2.0gのタンパク質が必要です。
自分がどれくらいのタンパク質を食事で摂ればよいか、難しいですよね?
簡単にわかる方法がありますよ♪
毎食、手のひら分の大きさのタンパク質を摂ってください(^-^)/アスリートの方は、その2倍ですよー☆

もし、摂取するタンパク質が不足してしまうと、体を作っているタンパク質を壊して不足分を補うため、体力や免疫力が低下します。
血管も弱くなり、脳卒中の危険も高まり、子どもでは成長障害を起こします。
タンパク質不足にならないために、普段の食事から、しっかりとタンパク質を摂るように心がけて下さいねq(^-^q)

タンパク質は、牛乳・乳製品をはじめ肉や魚、卵などの動物性食品と、豆類、穀物類、野菜などの植物性食品に含まれています。

手軽にスーパーやコンビニで購入して、すぐに食べられるタンパク質を含む食材として、ゆで卵、牛乳、豆乳、ヨーグルト、チーズ、お魚の缶詰、納豆などがあります。
調理せずに食べられて便利ですが、特定の食品に偏らないように、いろいろな食品からバランスよくタンパク質を摂るようにしましょう。

以上、ヤクルト☆健康情報局でした♪

働くママを応援します働くママを応援します ヤクルト届けてネット

山口県東部ヤクルトinstagram