人も地球も健康に ヤクルト山口県東部ヤクルト販売株式会社

HOME > ヤクルト☆健康情報局

ヤクルト☆健康情報局ヤクルト☆健康情報局

2020年02月06日 | 健康情報ヤクルト☆健康情報局♪お知らせ

2月健康情報「アルコールについて」

こんにちは!
ヤクルト健康情報局です。
今月のテーマは「アルコールについて」です。

皆様はアルコール、お好きですか?

「酒は百薬の長」と言いますが、お酒にはストレスの解消、人間関係の円滑化、食欲アップなど精神的にも様々な「効能」があります。
しかし、アルコールは適度に嗜むもの。過度な飲酒は健康被害を招きます。
今回はアルコールの正しい付き合い方について、お話ししたいと思います(^ ^)

アルコールのカロリーがどのくらいあるか、ご存知ですか?
アルコールのカロリーは1gあたりで7kcal。
1gで比べると、脂肪が9Kcal、たんぱく質が4Kcalのため、意外にも高カロリーであることが分かります。
また、日本酒やビールは糖質も多く含まれているので特に高カロリーな飲み物になっています。
缶ビール500ml 約200kcal
日本酒一合 約200kcal
これはお茶碗のご飯軽く一杯分のカロリーあります。
カロリーは同じですが、栄養素で比べるとアルコールの栄養素はほとんど無し。
この様に高カロリーでありながら体に良い栄養素がほとんど含まれていないことを「エンプティカロリー」と言われています。
なので、取りすぎには注意が必要ですね。

1日の適正なアルコール量は厚生労働省のホームページによると、1日のアルコール摂取量はお酒によって異なるものの、1日平均純アルコールで約20g程度と示されています。
ビールなら中瓶1本、日本酒1合、焼酎0.6合、ウィスキーダブル1杯、ワイングラス1杯(180ml)、缶チューハイ500ml1缶
週に1回は休肝日を設けたいですね。

また、アルコールを飲む時に一緒に食べるおつまみ…何を選んでいますか?
ついつい、唐揚げやポテト、焼き鳥など脂質や塩分が多いものを選びがち。そして締めのラーメン!
これは、カロリーオーバーになってしまいます。
なので一緒に食べるおつまみを何にするか、こちらも是非見直してみて下さい。
枝豆や冷やしトマト、冷奴、もずく酢などカロリーや脂質が少なく食物繊維が豊富な食材を使ったおつまみを選んでみましょう。

心と体が健康になる楽しい付き合い方をしましょう。

以上、ヤクルト健康情報局でした。

働くママを応援します働くママを応援します ヤクルト届けてネット

山口県東部ヤクルトinstagram