人も地球も健康に ヤクルト山口県東部ヤクルト販売株式会社

HOME > ヤクルト☆健康情報局

ヤクルト☆健康情報局ヤクルト☆健康情報局

2019年10月01日 | 健康情報ヤクルト☆健康情報局♪お知らせ

10月の健康情報『ロコモを予防!』

こんにちは~(´▽`)ノ
ヤクルト健康情報局です☆

朝晩と日中の気温差で体調を崩されている方はいませんか⁉
今年は早くからインフルエンザが流行していますので、身体全体の約6割もの免疫細胞が存在する腸を善玉菌優位にし、体調管理に気を付けましょうo(^o^)o

さて皆さんは『秋』と聞くと何を思い浮かべますか?
食欲の秋(私は一番にこれかな…(^^;))
読書の秋
スポーツの秋でもありますよね(^^)v

ラグビーワールドカップ日本大会アイルランド戦の日本勝利やワールドカップ女子バレーボール3連勝に興奮しておられる方も多いでしょうが、スポーツにはうってつけの気候になったので、ぜひ自分の健康も振り返り運動に取り組んでみては⁈(^з^)-☆



しか~し!
最近どうも足腰は痛いし、躓くことが増えたな…
すぐフラつくから片足立ちで靴下が履けなくなってきたな…
早く歩けなくなってきたな…
など、このような自覚症状はありませんか?
もしかしたらロコモティブシンドローム、通称『ロコモ』の始まりかもしれません(;゜д゜)

『ロコモ』とは運動器(筋肉や骨、関節)の障害のために筋力・運動機能・バランス能力が低下し生活の自立度が下がる状態のことを言います。
このような状態のまま放っておくと将来介護が必要になったり、寝たきりになる可能性も…(>_<)

実は、この『ロコモ』!
早い人で40歳代から始まる人もいるんです…((((;゜Д゜))))
「私はまだまだ大丈夫!」なんて過信せず、健康寿命を延ばすべく『ロコモ』をしっかり予防しましょう(^^)/

まずはバランス良く食事を摂ること!
私達の身体は食べ物から作られ、動くことができています。
筋肉や骨の原料になるタンパク質やミネラル、エネルギーをつくる炭水化物や油脂類など、どの栄養も不足しないようバランス良く摂取し運動することが大切です☆

次に運動!
運動習慣の無い方は今より座っている時間を減らすことからo(^o^)o
一日10分でもいいので身体を動かし、慣れてきたら徐々に増やしていってみましょう(^^)

ひざが痛くて歩くのはちょっと…という方にもオススメの「ロコトレ」をご紹介します♪



【椅子に座る姿勢でスクワット♬】
①肩幅より少し広めに足を広げて椅子の前に立ちます。(転倒防止に安定した椅子を選びましょう!)

②ひざがつま先より前に出ないように、またひざとつま先が同じ方向に向くよう注意して、お尻を後ろに引くように(突き出すように)ゆっくり身体を沈め座ります。

③頭を下げ、前かがみでゆっくり立ち上がり、また①から繰り返します。
慣れてきたら椅子に座る手前(座らない)で立ち上がるように、ゆっくり繰り返すと強度が上がります。

呼吸を絶対忘れないよう、ゆっくり1~8までかぞえながら座り、またゆっくり1~8までかぞえながら立ち上がることを無理のないようくり返します。
(慣れてきたら徐々に回数を増やしてみましょう♪)

最後に睡眠も大切です!
良質の睡眠で筋肉の修復などに役立つ成長ホルモンをしっかり出せるような生活をしましょう♪

大切なのは毎日の積み重ね!
継続ですよ~(^_-)-☆

以上、ヤクルト情報局でした(*´∀`*)

働くママを応援します働くママを応援します ヤクルト届けてネット

2019年09月01日 | 健康情報ヤクルト☆健康情報局♪お知らせ

9月の健康情報『夏バテについて』

こんにちは〜♡
暑い夏が終わり、朝夕はだいぶ涼しくなってきましたね^_^
うちはやっっと、夏休みが終わってホッとしています。
燃え尽き症候群でしょうか…
なんだかやる気が出ない今日頃ごろ。
そんな方も多いのではないでしょうか?
しかし、それはもしかしたら『夏バテ』かもしれませんよ…!

夏バテとは、『体がだるい』『食欲がない』『よく眠れない』など体調不良の事を言います。

夏バテを予防・改善するには次の3つがポイントとなります。

①バランスの良い食事
食欲が湧かないからといって、ツルッと食べられる、そうめんやうどんなど、炭水化物の多いものばかりになっていませんか?(><)
こういったものに偏ってしまうと、タンパク質やビタミンなど他の栄養素が不足してしまいます。
タンパク質不足にならないように、お肉やお魚、大豆製品を毎食、食べるように心がけてくださいね(^O^)
また、ビタミンは野菜や果物に多く含まれていますが
、なかでもビタミンB1は疲労回復に効果があるので積極的に摂取したい栄養素です♪
玄米や豚肉、ウナギ、グリンピース、きな粉などに多く含まれており、ニンニクや長ネギ、ニラ、タマネギと一緒に食べると吸収率が高まります(^O^)
うちでもよく、豚肉のにんにく炒め、青ネギ乗せを作ります!


②質の良い睡眠
しっかりと疲れを取るには、質の良い睡眠が欠かせません(><)
寝室の温度は28度前後、湿度50~60%を目安にしてください♪
エアコンは一晩中かけ続けないようにしたり、扇風機の風が直接体に当たらないようにするなど、工夫をすることも重要です(^_^)☆
また、イグサ、竹、麻など通気性の良い天然素材や、ひんやりと感じる素材で作られた寝具を選ぶのもおすすめです!

③適度な運動
人間は発汗で体温調節をしているので、汗をかくことも夏バテ予防につながります。
最近は朝夕、涼しい日も増え、運動をしやすい日が増えてきたのではないでしょうか?
ウォーキングやジョギングなど簡単な運動を1日30分を目安とし、行ってみてください(^○^)

夏バテを予防・改善するには3つのポイントだけでなく、生活習慣を見直す事も大切です♪
また、腸内に生きた乳酸菌を送り増やすことで免疫力も高まります。
こちらも是非取り入れてみて下さいね。

出来るところから改善し、夏バテしない体を作り秋を楽しみましょうね。

ヤクルト健康情報局でした☆

働くママを応援します働くママを応援します ヤクルト届けてネット

2019年08月01日 | 健康情報ヤクルト☆健康情報局♪お知らせ

8月の健康情報『紫外線』について

こんにちは(*^▽^*)
毎日暑いですね〜(^ー^;A
この季節、熱中症や夏バテには十分気をつけないといけません!
こまめな水分補給や栄養のある食事を摂ることも大切ですが、紫外線対策もしっかりと行いたいものです。
気象庁によると、紫外線量のピークは7月と8月だそうです!
紫外線は体内で必要なビタミンDを合成するという役割もありますが、長時間浴び続けることでシミ・シワの原因になるだけでなく、白内障や皮膚ガンなどの病気になる可能性を助長します。

紫外線はUV-A波、UV-B波、UV-C波の3種類に分けられます。
そのうちA,B波が地球に届いています。

UV-A波は、肌の表皮を突き進み、真皮まで到達します。
コラーゲンを破壊し、シミ・しわ・たるみなど老化の原因となります。
雲や窓ガラスを通過するので、「うっかり日焼け」に注意が必要ですね(;´д`)

UV-B波は、主に皮膚を赤くさせ炎症(やけど)を引き起こします。

紫外線の影響を防ぐには普段から対策を行うことが大切です。
《対策》
・紫外線の強い時間帯(朝10時~昼2時頃)の外出は避けましょう
・日傘を使い、帽子を被りましょう
・襟やそでのついた衣服で覆いましょう
・サングラスをかけましょう
・日焼け止めクリームを上手に使いましょう

ところで、日焼け止めに書いてある「SPF」「PA」は何の表示かご存知ですか?
「SPF」とはUV-B波を防止する効果の強さを数字で表したもので、数が大きいほど強力になります。
「PA」とはUV-A波を防止する効果の強さを+数で表したもので、+が多いほど効果は高くなります。
買い物や通勤などですと、SPF20~30・PA++目安に、炎天下でのレジャーやスポーツになるとSPF50・PA+++目安に日焼け止めを選んでみて下さい(^^)d

美肌の為には外からの紫外線対策はもちろん必要ですが、腸にたくさん善い菌(乳酸菌、ビフィズス菌)を送り込み、腸内環境を整えてあげることも美肌に繋がります(*^▽^*)

これからが夏本番!
紫外線対策をしっかりと行い、楽しく夏を過ごして下さいね。

以上、ヤクルト健康情報局でした♪

働くママを応援します働くママを応援します ヤクルト届けてネット

2019年07月24日 | 健康情報ヤクルト☆健康情報局♪お知らせ

和木町 「サルーン中組」様

こんにちは♪
本日は「和木2丁目第2集会所」へお伺いし「生活習慣病予防」のお話しをしました。(^∇^)

サルーン中組様とは前回もお会いしているので覚えてくださっており大変嬉しかったです。(*^o^*) ♡

午後からのお時間でしたが1時間の講話、皆さま一生懸命にご清聴してくださりありがとうございました。

最後の記念撮影では、ヤクルトマンと野菜350gを持っていただきましたよo(^-^)o



ご協力ありがとうございました。
野菜350gって重たいんじゃね〜( ゜д゜)
と驚かれていました。

これから梅雨が明けると一気に暑くなりますのでお身体には十分に気をつけてお過ごしください。( ´ ` )
また、皆さまにお会いできる日を心待ちにしています。♡♡

以上、中原でした。

働くママを応援します働くママを応援します ヤクルト届けてネット

2019年07月01日 | 健康情報ヤクルト☆健康情報局♪お知らせ

7月の健康情報 『夏バテ』について

こんにちは(^^)
ヤクルト☆健康情報です。

今年は梅雨入りが遅いためにまだ本格的な夏といった感じではありませんが、梅雨が明けると一気に暑くなるので夏バテを引き起こしやすくなります。(´Д`)
そうならないためにも、できることから早めに予防をしていきましょう。(^O^)

今月は「夏バテ」についての健康情報です。



夏バテはどうして起こるのでしょうか…(*’ω’*)?
一つに、高温多湿の環境の中で体温を一定に保とうと自律神経がフル稼働することで疲れてしまい、自律神経の乱れを引き起こすことが原因と考えられています。
また、室内の空調による冷えや暑い屋外との温度差も自律神経を乱れやすくしているようです。(´;Д;`)
その結果、「食欲がない」「体がだるい」「眠れない」などの状態を引き起こし、いわゆる”夏バテ”の症状となるのです。

そんな”夏バテ”改善するためには、①バランスの良い食事 ②快眠 ③適度な運動 を心がけてください!(^^)!

夏はそうめんや冷や麦など炭水化物にかたよった食事になりやすく、筋肉も痩せてしまいます。( ;_; )
タンパク質(肉、魚、大豆製品など)やビタミンやミネラルを含む野菜や果物を積極的に取り入れるようにしましょう!例えば、そうめんに納豆やオクラ、大根おろしをのせると食べやすく栄養価もアップしますよ♡♡
梅干を細かく刻んだものやレモン少しを絞ってさっぱり味わうのもいいですね!
クエン酸やビタミンCの効果も得られるので疲労回復に良いです。

そして疲れをとるためには、ぐっすり眠ることも大切です。
寝室内を快適に保つために、温度は約28度、湿度は50~60%を目安にエアコンや扇風機も活用してくださいね(*´▽`*)

また、適度に汗をかくことも「夏バテ」の予防につながります。
軽く汗ばむウォーキングや軽いジョギングなどを15~20分程度行うのもいいでしょう。
その際、熱中症に注意して、日差しの弱めな早朝や夕方以降を選んで行ったり、水分補給も忘れないようにしましょう。(●´∀`●)

そして、お酒が好きな方はキンキンに冷えたビールがおいしい時期ですよね!(*´ー`*)
ついつい飲みすぎてしまうこともあると思いますが、アルコールは利尿作用があるので飲みすぎると脱水症状を引き起こしやすくなります。ですので、お酒を飲むときは、合間で水を飲むなど水分補給を必ずしましょう。次の日、二日酔いで食欲がない場合でも何も食べないのは危険です。果物やスープなどで水分を補う食事をとりましょう。冷やし茶づけですと食欲のないときサラっと食べられておすすめですよ。手軽に水分・塩分が摂れるのでいですね★

また、日頃から免疫力を高めておくことも夏バテ予防には効果的です。(*´◇`*)
免疫細胞が6割以上存在する腸内を善玉菌優位にしておくためにも、毎日乳酸菌やビフィズス菌を含むものを摂りましょう♪


以上、ヤクルト☆健康情報局でした。

働くママを応援します働くママを応援します ヤクルト届けてネット

山口県東部ヤクルトinstagram