人も地球も健康に ヤクルト山口県東部ヤクルト販売株式会社

HOME > ヤクルト☆健康情報局

ヤクルト☆健康情報局ヤクルト☆健康情報局

2019年08月01日 | 健康情報ヤクルト☆健康情報局♪お知らせ

8月の健康情報『紫外線』について

こんにちは(*^▽^*)
毎日暑いですね〜(^ー^;A
この季節、熱中症や夏バテには十分気をつけないといけません!
こまめな水分補給や栄養のある食事を摂ることも大切ですが、紫外線対策もしっかりと行いたいものです。
気象庁によると、紫外線量のピークは7月と8月だそうです!
紫外線は体内で必要なビタミンDを合成するという役割もありますが、長時間浴び続けることでシミ・シワの原因になるだけでなく、白内障や皮膚ガンなどの病気になる可能性を助長します。

紫外線はUV-A波、UV-B波、UV-C波の3種類に分けられます。
そのうちA,B波が地球に届いています。

UV-A波は、肌の表皮を突き進み、真皮まで到達します。
コラーゲンを破壊し、シミ・しわ・たるみなど老化の原因となります。
雲や窓ガラスを通過するので、「うっかり日焼け」に注意が必要ですね(;´д`)

UV-B波は、主に皮膚を赤くさせ炎症(やけど)を引き起こします。

紫外線の影響を防ぐには普段から対策を行うことが大切です。
《対策》
・紫外線の強い時間帯(朝10時~昼2時頃)の外出は避けましょう
・日傘を使い、帽子を被りましょう
・襟やそでのついた衣服で覆いましょう
・サングラスをかけましょう
・日焼け止めクリームを上手に使いましょう

ところで、日焼け止めに書いてある「SPF」「PA」は何の表示かご存知ですか?
「SPF」とはUV-B波を防止する効果の強さを数字で表したもので、数が大きいほど強力になります。
「PA」とはUV-A波を防止する効果の強さを+数で表したもので、+が多いほど効果は高くなります。
買い物や通勤などですと、SPF20~30・PA++目安に、炎天下でのレジャーやスポーツになるとSPF50・PA+++目安に日焼け止めを選んでみて下さい(^^)d

美肌の為には外からの紫外線対策はもちろん必要ですが、腸にたくさん善い菌(乳酸菌、ビフィズス菌)を送り込み、腸内環境を整えてあげることも美肌に繋がります(*^▽^*)

これからが夏本番!
紫外線対策をしっかりと行い、楽しく夏を過ごして下さいね。

以上、ヤクルト健康情報局でした♪

働くママを応援します働くママを応援します ヤクルト届けてネット

山口県東部ヤクルトinstagram