HOME > ヤクルト☆健康情報局

ヤクルト☆健康情報局ヤクルト☆健康情報局

2018年01月01日 | 健康情報ヤクルト☆健康情報局♪お知らせ

1月健康情報 冬の食育

新年あけましておめでとうございます。
皆様にとって健康で幸せな一年でありますよう心よりお祈りいたします。
今年も「ヤクルト☆健康情報局♪」をよろしくお願いします。



新年始めの健康情報は「冬の食育」をテーマにお届けしたいと思います。
12月は忘年会にクリスマス、1月はお正月に新年会・・と、この季節は楽しいイベント
だらけ!そして高カロリーな食事を食べる機会やお酒を飲む機会もおのずと増えてきます。
この時期によく出てくる食事はハイカロリーの物が多いのです。
例えば・・・
・ショートケーキ1ピース 約350kcal
・フライドチキン1本 約250kcal
・お餅1個 約100kcal
・栗きんとん100g 170kcal
・ビール500ml缶 約200kcal
・日本酒1合 約200kcal、
・ワイン100ml 1杯 約80kcal
いかかでしょうか?けっこうカロリーが高いですね。
アルコールやお菓子、ジュースなどは「エンプティカロリー」と言われ、カロリーは高いのに栄養素は空っぽの物が多いのです。
こういった物を続けて食べていたら、気づいた時には「あららら~体重がこんなに!?」
「まぁ~こんなところにお肉が!?」なんてことも・・

食べすぎ飲みすぎは、健康の敵です!生活習慣病の引き金になりかねません。
たまにはのご馳走も楽しみの一つなのですが、暴飲暴食が続かないようにしましょう。
食べすぎた次の日は食物繊維の多い野菜や汁物などで胃を休ませてあげることが大切です。
今の時期は鍋物もおすすめです。(美味しいからといって食べすぎないように・・・)
また、動く機会も減るので冬太りを加速させてしまいます。
太る原因は「食べるエネルギー>消費するエネルギー」になるからです。
まずは食事を見直し、そして動く機会を増やしましょう。
寒くて運動する気が起きないといった方におすすめなのは「ながら運動」です。
テレビを見ながら踏み台昇降、歯磨きをしながら足踏みなど・・
私は子供を抱っこしながらスクワットをしています!効きますよ~!クゥ~!
冬太りは早めの対策がとても重要です。このブログを読んで心当たりのある方~!今すぐ行動に移してくださいね♪

そして、暴飲暴食が続くと腸内環境も乱れがちになります。乳酸菌やビフィズス菌を腸にたくさん送りこみ、腸内フローラを整えて健康な体に戻してあげましょう。今年も腸から健康な体をつくりましょうね。以上、ヤクルト☆健康情報局♪でした。

働くママを応援します働くママを応援します ヤクルト届けてネット

2017年12月21日 | 健康情報ヤクルト☆健康情報局♪お知らせ

「ひろしまヘルスケアポイント」

広島県にお住まいの皆さま、「ひろしまヘルスケアポイント」という制度をご存知ですか?

ひろしまヘルスケアポイントとは、広島県が行っている健康ポイント事業で、簡単に説明しますと…
「健康に良いことをするとポイントが貯まり、特典がもらえる」という、とっても素敵な制度です(^^)d

他にも様々なメリットがあります!
例えば…
・自分の健康づくりの記録と振り返りができる
・ゲーム感覚で健康づくりに取り組める
などですp(^-^)q

参加するためには、年齢条件や「HMカード」の取得などありますので、詳しくは「ひろしまヘルスケアポイント 広島県ホームページ」をご覧下さい。

ところで、健康づくりと言えば、山口県東部ヤクルト販売も「ヤクルト健康教室」を実施しているのは、もちろんご存知ですよね(゜∇^d)!!

実は、廿日市市の認定された市民センターで開催されるヤクルト健康教室に参加されるとポイントがゲットできるのですΨ( ̄∇ ̄)Ψ
ただし、開催日によりポイントが付かない事もありますので、ひろしまヘルスケアポイント 広島県ホームページなどご覧の上、参加して下さい。

また、広島市は「高齢者いきいき活動ポイント事業」という、ボランティア活動や健康づくり・介護予防に取り組む活動の実績に基づきポイントが付与され、そのポイント数に応じて奨励金が支給される事業があります(^^)d

ポイント手帳(広島市に住所を有する70歳以上の方に送付)を、対象となる活動に参加された時に提出されると、スタンプが押印され、ポイントゲットとなりますヽ( ̄▽ ̄)ノ
(1ポイント=100円だそうです♪)

広島市の公民館やサロン様からのご依頼でヤクルト健康教室を行っておりますが、皆さま片手に「ポイント手帳」を持っておられ、スタンプをゲットされている光景はよく目にします(’-’*)♪
既に、スタンプがいっぱい〜って方もいらっしゃいますよ((o(^∇^)o))

いずれにせよ、運動施設で身体を動かしたり、健康教室などに参加して健康知識を蓄えることで、「ポイント」が手に入るなんてとても嬉しいですよね(*^O^*)

しかし、それ以上に「健康」を意識した生活を過ごしていただくことで、健康寿命が延びるなどの効果が期待できれば、もっと嬉しいことです♪ヽ(´▽`)/

これから益々寒くなります(*_*)
お部屋に閉じ籠りがちになりますので、これを機に色々な会場や施設に足を運ばれてみてはいかがでしょうか\(^o^)/

以上、ヤクルト健康情報局でしたヽ( ̄▽ ̄)ノ

働くママを応援します働くママを応援します ヤクルト届けてネット

2017年12月01日 | 健康情報ヤクルト☆健康情報局♪お知らせ

12月健康情報 インフルエンザ

こんにちは♪ヽ(´▽`)/
ヤクルト健康情報局です♪

いよいよ12月となりました!
皆さまの周りでも、そろそろインフルエンザ話題が飛び交っていませんか?
すでに、厚生労働省からも、他の人への感染を防ぐための「咳エチケット」をキーワードとした普及啓発活動が行われており、マスクの着用などの注意点について呼び掛けられています。



私たちが咳やくしゃみをしたときに、口や鼻から飛び出す微粒子の最大飛行距離は約2メートルと言われていますΣ(゜Д゜)
飛沫に病原体が乗って移動し、それを鼻腔や口から入り込むことによって感染するのが飛沫感染です。

インフルエンザは飛沫感染する感染症なので、患者から2メートル以上離れていれば感染は防げますが、飛び散ったインフルエンザウイルスは状況によっては12〜48時間、感染力を保っているので、例えばウイルスが付着していてるドアノブを触り、その手指で目や鼻の粘膜に触れれば、そこから体内に侵入して感染してしまいますΣ(ノд<)

このようなことから、インフルエンザに感染しないようにするには…
・飛沫を吸い込まないようにマスクを装着する
・手指を介する感染を防ぐため手洗いをする
・換気を十分におこなう
といったことが大切です!

しかし、中には「マスクは息苦しいから苦手…」と言われる方もいらっしゃいますよね(^_^;)
そういう方は、日頃から"鼻呼吸"の習慣をつけましょう!
口の周りの筋肉が低下して口が開いた状態で生活をしていると気付かぬうちに"口呼吸"となり、空気が口の中の水分を奪いながら体内に入っていき、ウイルスも一緒に侵入しやすくなります。

そこで…(^^)d
「あ・い・う・べ体操」で口の筋肉を鍛えて、鼻呼吸を目指しましょう!!
【やり方】
①「あー」と口を大きく開ける
②「いー」と口を大きく横に広げる
③「うー」と口を強く突き出す
④「べー」と舌を突き出す

ポイントは大げさなくらい口を大きく動かして、一回を5秒かけてゆっくり行うことです。
一日30回が目安ですp(^-^)q

免疫力アップ効果もあるので、是非試してみてくださいね\(*⌒0⌒)b♪

もちろん、免疫力アップのために、腸内フローラを整えること!
これは基本ですね(’-’*)♪

インフルエンザを予防して元気に寒い冬を乗り切りましょうp(^-^)q

以上、ヤクルト健康情報局でした!

働くママを応援します働くママを応援します ヤクルト届けてネット

2017年11月01日 | 健康情報ヤクルト☆健康情報局♪お知らせ

11月健康情報 ノロウイルス

こんにちは(^^)ヤクルト健康情報局です。
今月のテーマは、「ノロウイルス」についてです。
11月となり、今年もあと2ヶ月ですね(゜o゜;;



夏場の暑い時期には、細菌性の食中毒が多いですが、冬場の寒い時期11月~2月にはウイルス性のノロウイルスによる食中毒や感染性胃腸炎が多くなります(>_<)
冬場はイベントが多いので、大事な時に「体調を崩して寝込んでしまった・・・ヽ(;▽;)ノ」なんて事になりたくないですよね。
ですから、体調を崩さないようにしっかりと健康管理をしましょうp(^_^)q

ノロウイルスの『主な感染経路』『潜伏期間・症状』『予防対策』についてお話しします(´ω`)

『主な感染経路』
①人からの感染
・患者の便や嘔吐物から人の手などを介して二次感染する場合
・家庭や施設内などでの飛沫などにより感染する場合
②食品からの感染
・感染した人が調理などをして汚染された食品を食べた場合
・ウイルスが蓄積した加熱不十分な二枚貝などを食べた場合

『①潜伏期間・②症状』
①24〜48時間
②激しい腹痛・吐き気・嘔吐・下痢・発熱などです。これらの症状が1~2日続いたあとに治癒します。
健康な方は軽症で回復しますが、小さなお子様や、高齢者では重症化したりするので注意が必要です。

『予防対策』
①こまめに「手洗い」をしっかりする。
・出かけて帰ってきた時
・食事前
・お手洗いの後
・調理の前後や調理中に肉や魚などふれた時
★洗い方★
石鹸で30秒くらいかけてよく洗い、しっかりと洗い流し清潔なタオルや紙ペーパーで拭く。
②「人からの感染」を防ぐ。
・人ごみを避ける
・マスクを着用する。
・感染した人の便や嘔吐物の処理をする場合、二次感染に注意する。
③「食品からの感染」を防ぐ。
・加熱して食べる食材は中心部までしっかりと85℃以上「加熱」する。
・調理器具や調理台は「消毒」して、いつも清潔にしておく。
・調理器具は使用後、熱湯消毒する。ふきんは使用後、煮沸消毒をおすすめします。

(※アルコール消毒は、風邪やインフルエンザの予防には効果的ですが、ノロウイルスにはあまり効果がないといわれています。)

ノロウイルスに感染した時はそのときの体調が大きく影響しますので、日頃から免疫力を低下させないような生活を心がけるようにすることも大切です。
そのためにも、腸内が善玉菌優位になるようバランスの良い食事にくわえ、毎日乳酸菌を取り入れることや、食物繊維やオリゴ糖といった乳酸菌のエサとなるものを是非食べて頂きたいです(о´∀`о)

これから寒い時期ですが、体調を崩さないようにし冬場のイベントを楽しみましょう♪o(^-^)o

以上、ヤクルト健康情報局でした★

働くママを応援します働くママを応援します ヤクルト届けてネット

2017年10月01日 | 健康情報ヤクルト☆健康情報局♪お知らせ

10月健康情報 秋の食育

今日から10月です!
秋ですね~٩(*^-^*)۶
秋と言えば…食欲の秋☆何を食べても美味しくて♡気が付くと、体重が
( ̄□ ̄;)!!なんてことも⁉

逆に、夏の疲れがなかなか取れず、秋になっても食欲がイマイチ…という方も⁉
疲労の蓄積は、食生活が原因の場合もあるんです(´▽`)ノ
そんな時は、毎日の食事を見直して、旬の食べ物をふんだんに取り入れたバランスの良い食事を心掛けましょう♪



じつは…旬の食べ物って美味しいだけではなく、四季がある日本で生活する私たちにとって、身体の調子を整える大切な役目があるんです(*´ω`*)
たとえば…
夏が旬の野菜には、身体の暑さを逃がす作用や、暑さで奪われたビタミンCを補給する役目があるように、秋に旬の食べ物にも、夏に弱った胃腸の調子を整えてくれる野菜や、冬の寒さに耐えるために脂肪の多い木の実などがあるんですよ(*^^*)

秋が旬の美味しい食べ物、知ってますか⁉
良くご存知の、栗や柿に秋刀魚。そして、さつまいも・ジャガイモ・里芋などの芋類、松茸・マイタケ・しいたけなどのキノコ類、ゴボウ・レンコンなどの根菜類などがありますよね(*´ω`*)
スーパーに行けば、年中見かける物が増え、いつが旬なのか分からなくなりがちですが、旬の時期に栄養価が上がっているものも多くあるので、毎日の食事にしっかり取り入れたいですね♡

「食欲の秋」ということで、私のように食欲旺盛の方は、食べたら運動!
「スポーツの秋」も忘れずに☆
(*´∀`*)ノ
過ごしやすいこの時期に、ウォーキングやストレッチなど、新たに何か始めてみてはいかがでしょう♬
わざわざ出掛けるのはちょっと…という方は、毎日の生活にひと工夫を!
買い物歩きや室内その場歩き、床掃除や風呂掃除、ゴミ出しなどを行う際は「ちょっと素早く動く」を心掛けましょう(*^-^*)
ストレッチは、いつでもどこでも仕事や家事の合間に「ちょっと大きく伸ばす」を意識してやってみましょう!

また、季節の変わり目で体調を崩しやすくなりますので、身体の免疫細胞の6割が存在している腸に乳酸菌やビフィズス菌を取り込み、善玉菌優位にし免疫力を上げておくことも大切ですよ(≧∇≦)b

過ごしやすい秋を、健康でしっかり楽しみましょう(*´ω`*)

以上、健康情報局でした☆

働くママを応援します働くママを応援します ヤクルト届けてネット

山口県東部ヤクルトinstagram