HOME > 会社概要

会社概要

山本 公総ご挨拶健康で楽しい生活づくりのお手伝いをしながら社会に貢献します健康で楽しい生活づくりのお手伝いをしながら社会に貢献します ヤクルトの創始者である代田 稔(医学博士)は、病気にかからないための「予防」が大切であるという考え方を提唱し、腸を守る『乳酸菌 シロタ株(乳酸菌飲料)』を一人でも多くの人に手軽に飲んでもらいたいと、昭和10年に「ヤクルト」の販売を開始しました。
この創業の精神(代田イズム)が今も私たちの原点となっています。

昨今、世の中で注目されているキーワードに「健康」「高齢者」「女性の活躍」があり、これらは私たちの事業に深く関わっています。

私たちは、宅配部門、直販部門、化粧品部門を中心に事業展開し、これらの事業部門をバックアップする広報活動、社会貢献活動なども幅広く、積極的に地域社会の中で実施しています。

そして、私たちの事業の原点「私たちは、生命科学の追究を基盤として、世界の人々の健康で楽しい生活づくりに貢献します。」の実現に向けて、当地域社会の中で日々努力・精進しています。

今後ともお気軽にお声掛け下さるよう、お願い申し上げます。(代表取締役社長 山本 公総)

事業の原点

事業の原点は代田イズム 事業領域のコア(核)はプロバイオティクス

ヤクルトの創始者である代田 稔は「予防医学」の重要性を説きました。
ヤクルトの事業は、その代田 稔が、乳酸菌を強化・培養し「乳酸菌 シロタ株」という強い乳酸菌をつくりあげたことに始まります。この菌は、胃液や胆汁にも負けずに、人の腸に生きたままとどいて、健康に役立つさまざまなよい働きをしてくれます。

ヤクルト創始者

代田 稔(シロタ ミノル)

代田 稔(シロタ ミノル)

1899-1982
医学博士
株式会社ヤクルト本社
元代表取締役会長兼中央研究所所長

生涯を腸内菌の研究と予防医学の普及に捧げ、昭和57年、82歳で生涯を閉じる。

ヤクルトは常に進化しています
ヤクルト商品などの詳しい情報はこちらからご覧ください

山口県東部ヤクルト販売
乳酸菌のチカラ

会社概要

ヤクルトグループは、ヤクルト本社を中心として、ヤクルト商品をお客さまにお届けする販売会社、ヤクルトの容器成形、製品のボトリングなどを行う子会社工場、海外事業所、その他関連会社等を含め約170社から構成されています。当社は、広島県西部(西区の一部)から山口県東部(周南市の一部)までをエリアとする販売会社です。

部門紹介